校章神奈川県立みどり養護学校    みどり祭校舎

ホーム学校概要>学校長挨拶

 学校長挨拶

平成29年度 校長あいさつ


神奈川県立みどり養護学校ホームページにアクセスして頂きありがとうございます。

本校は、横浜市を通学区域とし、小学部、中学部、高等部を設置する知的障害の児童生徒のための特別支援学校です。昭和53年4月1日に、県立高津養護学校内に仮校舎で開校し、今年で創立39年目を迎えることができました。また、平成16年4月1日から県立新栄高等学校内に分教室を設置しました。
 平成29年度は小学部53名、中学部37名、高等部132名(本校87名、分教室45名)の合計222名でスタートしました。
 本校の学校目標は、
① 児童生徒一人ひとりの命と人格を尊重する。
② 児童生徒一人ひとりのニーズに応じた教育を行う。
③ 児童生徒の持っている力を伸ばし「自立と社会参加」を目指す心豊かな人間を育成する。
具体的には、「自立と社会参加」に向けた小学部から高等部まで一貫性あるキャリア教育の推進に取り組んでいます。また、地域の学校と連携したインクルーシブ教育推進に取り組んでいます。また、地震等の災害に備え学校の危機管理体制を強化し、地域の方々と協働して学校防災力を高めるように努力しています。
 地域の関係機関と連携して、支援教育のセンター的機能を十分に発揮して行きたいと考えております。どうぞ、特別支援教育についての相談等がありましたら、ご連絡ください。

 今後とも、本校の教育活動と地域の支援教育の充実のために、ご理解とご協力をお願いいたします。

校長 鈴木善之


このページの先頭へもどる